2012年05月21日

数字を英語で言おう・その1

英語を話すときで、数字を言おうとして言葉に詰まったり、話し手に英語で数字を言われて聞き取れなかったなんてことはないですか?

英語で数字を言ったり、聞き取ることは意外と難しいもので、例えば、「2+7=9」、「8-3=5」を英語で言う場合はどんな感じになるのでしょうか?


英語での計算式の基本的な表現を覚えて英語力アップしておきましよう。

<基数(0, 1, 2, 3など)>
・324 (three hundred twenty-hour、three hundred and twenty-hour)
・6203 (six thousand two handed and three)

thousandやhandredなどの単位は複数形のsをつけません。


<序数(1st、2nd、3rd など物の順序を表す数)>
1st (first)2nd (second)33rd (thirty-third)<倍数>2倍 (twice)3倍 (three times)45倍 (forty-five times)

<足し算>
・2+7=9 (two plus seven is nine)
・3+5=8 (three plus five is eight)
is代わりにequalsを使う場合もあります。

<引き算>
8-3=5 (eight minus three is five)6-3=3 (six minus three is three)
is代わりにequalsを使う場合もあります。


このように、英語で数字を発音する場合はこんな感じですね。
しっかりとおぼえていくことが肝心です。
ラベル:英語
posted by にっき at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

形容詞と副詞の接尾辞

これまで何度か英単語の接尾辞について記事にしていますが、これ覚えるとかなり楽になるんですよね。

(接尾辞とは単語の後ろにつけて、単語の品詞を変えたり、言葉の意味を補ったり変えたりするものです。)

英語の単語や単語の品詞を覚えたりするのはとても大変だと思います。しかし、ちょっとした覚え方ルールをマスターして単語力アップができますグッド(上向き矢印)


実は、英語の名詞、動詞、形容詞、副詞を作る接尾辞(せつびじ)にはある傾向があり、これを覚えることによって文の構成の理解力アップ・単語量アップに繋げます。

形容詞・副詞に多い接尾辞についてお話します。

<形容詞に多い接尾辞>
-able, -ible (changeable, visible)-al (natural, international)-ic, -ical (romantic, comical)-ful (beautiful, wonderful)-ish (childish, foolish)-less (childless, useless)-ous (famous, various)-ive (positive, creative)

<副詞に多い接尾辞>
-ly (slowly, beautifully)


などがあります。


このように、接尾辞ルールを知っていると単語力がかなり上達します。

これなら、

「この花は美しいです。(This flower is beautiful.)」

と言いたいときに「美しい(形容詞)」をあらわすのに間違って副詞の「beautifully」をつかってしまい

「This flower is beautifully.」

なんて変な英語を使うこともなくなるでしょうあせあせ(飛び散る汗)
ラベル:英語 接尾辞
posted by にっき at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

borrowとuseの使い方の注意点など

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?
私はこの機会に英語の勉強を進めようと頑張っていますよわーい(嬉しい顔)

今回は結構マジで頑張ってます!


今日は

間違いやすい英語の使い方・borrowとuseについて


英会話をするときに間違いやすい単語として、「borrow」と「use」があります。
英語の勉強をしている人ならこの二つの単語の使い分けに苦労していると思います。


英語の授業で「borrow=借りる」、「use=使う」と習いました。

しかし、「borrow」と「use」はちゃんと区別されています。

基本的に「borrow」は借りるものが持ち運びできる場合に使用し、「use」は借りるものが持ち運びできない場合に使います。

例えば、

May I borrow your pen? (ペンを借りてもいいですか?)

May I use your bathroom? (トイレを借りてもいいですか?)


ちなみに、お金を出して借りる場合は「rent」を使います。

例えば、

Where can I rent a car? (どこで車が借りられますか?)

と言った場合、有料で車を借りるという意味になるんだそうです。


このように、borrowとuseの使い分けをしっかりと考えながら、英語力を高めていくことは大切なんですね。

なかなか奥が深いですビル
ラベル:英語
posted by にっき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。